販売商品
Product sales

漆への憧憬

漆への憧憬-ジャパニングと呼ばれた技法-

 

日本の漆に憧れ出版され、300年以上もヨーロッパで読まれてきた倣製漆器の技法書!

「17世紀の英国で、日本の蒔絵を模倣した漆器が沢山作られた。本書は材料、技法、そして図案がついたその頃の教科書である。当時は、作られたそれらのものを、日本の国名を冠してジャパニングと呼んでいた。英国がなぜ日本漆器の真似をしたのか?多くの疑問を解決する待望の翻訳完成である!」
(東京藝術大学美術学部漆芸科教授 三田村 有純)—帯の推薦文より
内容
・300年以上ヨーロッパで読まれてきたジャパニング(倣製漆器)の論文
・ジャパニング、ワニスなどの技法の包括的研究論
・ジャパニング、デザイン、絵画のためのワニス技法
・芸術的金彩方法、素材の研究、精製、およびメゾチント、プリントの研究をふまえたギルディング、ワニス、ラッカー塗の技法につい
・鼈甲模様、大理石模様の模造塗装方法
・木材、象牙、角の染色、着色方法

・テーブル、スタンド、キャビネットなどのジャパニング制作につい役立つ100種類以上の東洋的デザイン見本

・東洋的デザインの24枚の銅版画